Home > パセドウ病の注意点

パセドウ病の注意点

バセドウ病と診断されると、通常、薬物治療を行うことになります。薬物治療だけでだんだんと症状が緩和されてくるはずです。他にどんな点に注意した方がいいのかと言うと、無理をしないことが一番です。ストレスによって症状を悪化させてしまうことの多い病気ということもあり、できるだけストレスを溜めない生活を送るようにするといいかもしれません。

例えば、十分な睡眠は大事です。バセドウ病は甲状腺ホルモンが活発になってしまうため、他人よりも疲れやすくなります。普通に歩いていても常に走っているような状態となってしまうからです。体を休めることが治療とも言えます。

また、人によっては薬物治療によって副作用が出てしまうこともあります。発疹が代表的です。薬が合っていないということもあるので、この場合にはすぐ主治医に報告し、適切な薬に変えてもらうことをお勧めします。甲状腺ホルモンが正常範囲になるまでは、できるだけ安静に過ごすことが大事です。