Home > バセドウ病は何科か

バセドウ病は何科か

バセドウ病は何科で診てもらえば良いかと言うと、甲状腺科があればそこが一番です。と言うのも、バセドウ病は甲状腺の病気だからです。しかし、一般的には甲状腺科が設けられていない病院ばかりとなっているため、内科を受診することをお勧めします。内科でまずは血液検査をすることになります。

血液検査のある項目だけでたいていはバセドウ病を診断することができるようになっています。稀に、血液検査だけでは判断しにくいということもあることから、そんな時には様々な検査も行われることになります。甲状腺の超音波検査や問診などから推察することになります。

主な症状としては甲状腺が腫れるため、自分で甲状腺の腫れに気付き、内科を訪れるという人がほとんどです。また、動悸や極度な発汗、震えなどが特徴的な症状となっているため、こういった症状から内科を訪れるという人も居ます。それから、会社の定期健診で甲状腺の腫れを指摘されることもあるので、そんな時も内科できちんと診察してもらうことをお勧めします。