Home > バセドウ病と妊娠の関係

バセドウ病と妊娠の関係

バセドウ病とは甲状腺ホルモンが多量に分泌される病気の事です。この状態のまま妊娠すると一般の妊婦さんに比べると流産する確率が高くなってしまうので注意が必要でしょう。ただこの病気になると確実に流産してしまうというわけでは決してありません。

例えば状態が安定している人、また軽度で投薬が不要の人等は健康な人と同じ様に出産まで行うことも可能です。とはいえ、バセドウ病の症状は出産直後にその症状が急に強くなる事があるので注意しましょう。

そこで重要となって来るのが、妊娠が発覚したらまずは病院の方にしっかりとその点を伝えるという事です。バセドウ病の治療をしている時はその病院に、そして産科の先生にもしっかりと伝えましょう。ただ、治療をしながら出産という事になりますが、別に総合病院である必要はありません。とはいえ、自分の症状を伝えないことは良くないので、妊娠が発覚したら両方の先生にしっかりと伝えるようにしましょう。

バセドウ病で妊娠する事は可能です。ただその時々の適切な対応・処置が非常に重要となってくる事を忘れないようにしましょう。